芸能人・有名人

成田悠輔の学歴・経歴プロフィール!天才の勉強方法や家庭環境は?

成田悠輔(イェール大助教授)がYouTubeやテレビで面白いと話題になってます。

東京大学経済学部(東大)を主席で卒業し、マサチューセッツ工科大学の(MIT)博士課程(PhD )を修了。

成田博士は「ノーベル賞」を狙える本物の天才と注目されているんです!

現在、米国イェール(エール)大の助教授をしている成田 悠輔(なりた ゆうし)博士

イェール大の助教授でありながら、日本経済新聞社とテレビ東京のYouTubeチャンネル「日経テレ東大学」「Rxe:Hack」のパーソナリティーを務めているだけでなく

半熟仮想㈱の代表者で経営者として会社を運営しています。

いろんな顔をもった成田博士ですが、どんな幼少期を過ごして天才はそだったんでしょうか?

そこで今回は、

  • 成田悠輔さんの生い立ちや家庭環境。
  • 幼少期から中学・高校・大学はどこに通っていたのか?
  • 天才の勉強方法や何をしていたのか?

 

について詳しく紹介しますのでお楽しみに!(以下、敬称略)

スポンサーリンク

成田悠輔の学歴や生い立ち

成田悠輔博士の経歴
  • 誕生日:1986年生まれ
  • 出身地:東京都北区
  • 身長:184cm
  • 中学・高校:麻布中学校・高等学校
  • 大学:東京大学経済学部
  • 大学院:東京大学大学院経済学研究科修士課程修了
  • 大学院:2016年にマサチューセッツ工科大学(MIT)にてPh.D.取得

成田悠輔は1986年東京都北区で生まれました。

成田悠輔の出身小学校

成田悠輔さんは、北区立滝野川小学校出身です。

成田博士は当時から重度の睡眠障害があり規則正しい生活ができず、小学校に向かう道中で寝てしまうことが良くあったそうです。

寝てしまうだけじゃなく公園やビルの隙間に座って何時間も空を眺めていることもしょっちゅうで、さらに周りと上手く関係性を築いていくことが出来なかったというのもあり小学校は不登校気味だったんです。

偉人やビリオネアの多くが「学校などの集団生活や一般生活」に馴染めないADHDなんかの傾向があると良く聞きますが、成田博士はもこの傾向があったんでしょうか?

経歴だけを見ると、絵にかいたようなエリート街道を進んでいるように見えます。

しかし、輝かしい経歴を持つ成田さんですが、実際はなかなかハードな環境で育ったようです。

「父はもともと文学青年だったようですが、社会人として生活していく最低限の筋力がないタイプの人。特にしょうもなかったのは酒癖と借金です。マージャン好きで、ことあるごとに負けて借金を作り、それが雪だるま式に膨らんでいました。

母は一見しっかり者に見えるものの共依存的なところがあり、父にブチ切れながらも状況を作り直すことができずに二人して泥沼にハマっていく。そういう両親でした」

「少年時代の記憶は曖昧」と語るが、小学生の頃、プレハブ小屋のようなアパートに住んでいたことはよく覚えている。父は半分「プー太郎」状態で母が働いており、狭いワンルームに一家4人。母が夜な夜な大泣きしながら父をなじっていた記憶がある。

「特にドラマがあったというより安定してダメな家庭」だったが、当時はその環境しか知らないため特に悲惨だという認識もなく自然に受け入れていたという。一方で自身は「世界に対する違和感」を感じていた。

「かなり多動症的というか、発達障害的なところがあったようです。これは今もそうですが、人との付き合いが苦手で、何カ月も誰ともしゃべらずに過ごすこともありました。多動の子は教室を飛び出してしまうようなイメージがあると思いますが、僕は教室を飛び出すどころか教室にたどり着けなかった。

というのも、当時から重度の睡眠障害があって規則正しい生活ができず、小学校に向かう道中で寝てしまうことが結構あったのです。公園やビルの隙間に座って何時間も空を眺めていることもしょっちゅうで、小学校の中ごろからずっと不登校気味でした」

だが授業に出なくても勉強は抜群にできた。母のたっての希望で受験した私立男子校御三家の一つ、麻布中学(東京・港)に合格。母は苦しい家計の中から授業料をひねり出した

引用:日経電子版NIKKEI STYLE キャリアの原点より

厳しい家庭環境の中、成田さんは母親たっての希望で受験した私立男子校御三家の一つ、麻布中学(東京・港)に合格しました。

一方、家庭の状況は悪化の一途をたどっていたため、母親は苦しい家計の中から授業料をひねり出してくれていたようです。

成田悠輔の中学・高校はどこ?

出身中学は麻布中学校

麻布中学校=偏差値76(超難関)

成田悠輔は麻布中学校に進学。麻布中学校は東京都港区にある中高一貫の進学校。

決して裕福な家庭環境ではないにもかかわらず、私立中学の名門に麻布中学に進学した成田青年。

しかし、麻布中学に入学後しばらくして批評家の柄谷行人氏らのグループ『NAM』に出入りするようになります。

睡眠障害を患いながらも、もともと勉強のできた成田氏は授業にでなくても理解できた為、学業をそっちのけで趣味嗜好に偏っていきます。

インターネットの時代の到来によって世界中の情報に触れられるようになった事、そして東京に集まる知識人との出会いを通して引きこもり成田博士の能力が覚醒したのかも知れません。

中学生の若き天才成田少年が「インターネット」と「異才集団」という特殊な環境で交わった事が、現在の土台を作ったといっても過言ではないでしょう。

毎年多くの学生を東大に送り出していることでも有名な全国でも有数の進学校です。しかし、この中高時代に成田氏は学校の外で知的好奇心の翼を大きく広げていく。時は1990年代半ば。学校に行かず街をフラつけば、ブックオフやレンタルビデオショップがそこかしこにあり、100円、200円という安価で本や映画、音楽の世界にどっぷりとハマることができた。

さらに普及しつつあったインターネットには、教室では学び得ない世界が広がっていた。知り合いのコンピューターマニアに作ってもらったPCで、当時ネットコミュニティーの中心だったメーリングリストや掲示板をのぞいて回り、やがて批評家の柄谷行人氏らのグループに行き着いた。

「その頃、柄谷さんは『NAM』(ニュー・アソシエイショニスト・ムーブメント)という怪しい社会運動を始めていたんです。社会思想や哲学系の人や、文学・音楽関係の人、それに政治活動家のような人たちが集まる謎のコミュニティーがあり、そこに僕も出入りするようになりました。

ちょうど運動のパンフレット的な位置付けで『NAM生成』という本を作ることになり、浅田彰さんや坂本龍一さん、のちにスマートニュースを創業する鈴木健さんなんかも著者として名を連ねたのですが、中学生だった僕はその本の注釈作りをバイトでやりました。版元の太田出版から3万円だか5万円だかを受け取って、それが15歳くらいだった僕が生まれて初めて手にした仕事の報酬になりました」

知識人たちの難解な議論に食らいつく早熟な中学生は面白がられ、「NAM生成」の著者たちの講演会を手伝ったり、そのつながりで60年代の学生運動家たちの飲み会にも同席させてもらったりした。

「インターネットを使えたことは情報を手に入れる上でも人やコミュニティーを見つける上でも、一世代前の人とは比べものにならないくらい有利だった」と成田氏。高校に上がってからは英語の学術論文などもダウンロードし、理解しようともがいていたという。

「今考えると、学校に行っていなかった分、無限にあった時間と、東京という場所が持つ、過剰な情報が安価であふれかえっている状況と、ネットを介して垣間見る世界とが、僕の中でうまく化学反応を起こしていた。

結果的に学校に行って授業を受けるよりも多くのことを学んだように思います.学校に行かなくて本当によかった」

・高等学校卒業。極度の睡眠障害により中高では不登校であった。麻布中学在学時には柄谷行人のNAMに出入りした。プロゲーマーのときど(谷口一)は麻布中高の同級生。

引用:日経電子版NIKKEI STYLE キャリアの原点より

成田少年は名門「麻布中学校」に入学しました。

しかし、実際は「所属してた」だけで、睡眠障害の影響もあり不登校がちで授業以外の活動にのめり込んでいきました。

出身高校は麻布高校

麻布高等学校=偏差値69(超難関)

麻布高校は開成・武蔵とあわせて「男御三家」と呼ばれている男子校で、毎年東京大学へ80名以上の合格者を出す進学校です。

麻布高校の卒業生には、謎解きクリエイターの松丸亮吾さんや日本テレビアナウンサーの桝太一さん、そして橋本龍太郎元総理、福田康夫元総理大臣など多数の有名人がいます。

麻布高校は中高一貫校なので高校からは編入できません。中学受験の偏差値は76と全国でも有数の最難関校なんです。

高校時代の成田博士はなんと山岳部に所属。山岳部は3泊4日の合宿をするほど活発な部活で、そこで先を見通す力などを養ったのかもしれません。

とはいえ睡眠障害のあった高校時代の成田青年がちゃんと部活にとりくんでいたとは考えにくいですけどね。

麻布高校は中高一貫の男子校で高校から外部進学はできません。成田悠輔さんも内部進学しています。

睡眠障害の影響もあり、高校でも出席日数が足りず進級が赤信号だったそうです。

しかし、成績が抜群に良い事もあってか

先生たちによる特別の計らいで「プリント1枚の提出で出席10回に換算」してもらい落第を免れていたのだそうです。

環境や運にも恵まれてなんとか麻布高校を卒業した成田博士は大学進学せず、1年ほどバックパッカーのようなことをしてたそうです。

成田悠輔の大学

麻布高校を卒業後、成田悠輔は東京大学経済学部に進学。

東京大学経済学部:偏差値67.5(超難関)

高校時代に受験勉強をまったくしなかった成田博士

学校の成績が振るわなかった成田悠輔さんを見かね、母親から「せめて大学に入学してくれ」と泣きつかれたんです。

それがきっかけで、しかたなく受験勉強を開始。

全く受験対策をしていなかった成田悠輔は浪人の末、東京大学経済学部に合格。

東京大学は言わずと知れた日本最難関の大学。

その東大経済学部に独学で進学した成田悠輔は、東京大学で最優秀卒業論文大内兵衛賞を受賞。

睡眠障害のある少年が独学で東大に入学し、東大経済学部を主席で卒業したんです。

スポンサーリンク

成田悠輔の大学院

東京大学大学院経済学研究科

東京大学経済学部卒業後、2011年に東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。

マサチューセッツ工科大学(MIT)Ph.D.

2016年にマサチューセッツ工科大学(MIT)にてPh.D.取得。

通称MITと呼ばれるこの大学は、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学、ハーバード大学、スタンフォード大学と共に世界トップ5大学として知られる名門中の名門。

イェール大学経済学部 助教授

2017年、イェール大学経済学部のアシスタント・プロフェッサー(助教)に就任。

成田博士が在籍しているイェール大学は、アメリカ合衆国のコネチカット州ニューヘイブン市に本部を置く、1701年に創設された世界最高峰の大学の一つとして数えられる名門中の名門大学。

5人の大統領、19人の米国最高裁判所判事、49人以上のノーベル賞受賞者、5人のフィールズ賞受賞者、500人以上の米国議会議員、247人のローズ奨学生、119人のマーシャル奨学生を輩出。

成田悠輔さんは昼は半熟仮想株式会社代表、夜はイェール大学助教授という生活を送っています。

成田悠輔の役職

  • イェール⼤学助教授
  • 半熟仮想株式会社代表
  • 株式会社サイバーエージェントAI Lab・アドバイザー
  • 株式会社サイバーエージェントキャピタル・サイエンスアクセレレーター
  • G1サミットU40アドバイザリーボード
  • コロンビア⼤学Market Design Initiative アドバイザリーメンバー
  • マサチューセッツ⼯科⼤学Blueprint Lab連携教員
  • シカゴ⼤学Human Capital & Economic Opportunity Global Working Group連携教員
  • イェール⼤学東アジア研究委員会連携教員
  • Y-RISE (Yale Research Initiative on Innovation & Scale)連携教員
  • 東京⼤学マーケットデザインセンター研究員
  • 独⽴⾏政法⼈経済産業研究所・客員研究員
  • ⼀橋⼤学特任准教授(夏季・冬季のみ)
  • スタンフォード⼤学客員助教授(2019-20)

 

大学卒業後にヂンチ株式会社代表、一橋大学特任准教授、スタンフォード大学客員助教授などを歴任した成田博士の専門は「データ・アルゴリズム・数学・ポエム」を使ったビジネスと公共政策の想像とデザイン。

研究者として「社会的意思決定アルゴリズムをデータ駆動にデザインする手法」を開発し、機械学習ビジネスから教育政策まで幅広い社会課題に実装、多分野の学術誌・学会に査読付学術論文を出版しました。

さらに、内閣総理大臣賞、オープンイノベーション大賞、MITテクノロジーレビューInnovators under35 Japanなど受賞しています。

成田悠輔の妻(配偶者)


成田悠輔氏は結婚しています。YouTubeでご自身が発言してます。しかし情報が全くありません。

奥様の名前、年齢、職業、子供の有無など全て不明。

ところが、成田博士が結婚した理由がなんと「奥様のビザのため…」なんだとか!?

奥様に関する動画(YouTube)

奥さんの前では●●です。結婚式ではタキシードを着て●●してました。

 

衝撃の新婚生活『奥さんと●●したのは初めて』アメリカでの生活を暴露。嫁は●●に住んでます。

 

子供の教育に関する動画(YouTube)

「社会性のない子どもを育てたい」

成田悠輔の父はどんな方?

成田博士の父親は文学青年だったが、パチンコ、麻雀、女、酒、タバコと悪習三昧。

そして、その父親に依存するしかすべのなかった母親という複雑で厄介な家庭。

ギャンブル好きで運も使い果たし借金を作り、それが雪だるま式に膨らんでしまい、

1976年成田 悠輔氏18歳の時に父親が失踪されたそうです。

その後は自己破産してお金がすっからかんになっても、生きていくにはそんなに支障ないかなって思っていたそうです。

成田悠輔博士は「ギャンブルはやるけど、ヤバいところまではしない」「酒は飲むけど、別に飲まなくてもOK」なんだそうです。

要するに「地位や名誉は愚か、お金」などにまったく執着しない人なんです。

本当にそんな方がいるなんて驚きです。

成田悠輔の弟、成田修造はどんな人?

成田博士の実の弟がまた優秀なんです。

株式会社クラウドワークス 取締役副社長 COOの成田 修造さんの経歴です。

成田 修造のプロフィール
  • 名前 : 成田 修造(なりた しゅうぞう)
  • 出身地 :東京都北区
  • 卒業高校 : 城北高等学校
  • 卒業大学 : 慶應義塾大学
  • 現在の役職 : 株式会社クラウドワークス 取締役副社長 COO

―職歴―
2012年 株式会社アトコレ代表取締役社長を経て株式会社クラウドワークスに参画、執行役員
2014年8月 同取締役
2015年4月 同取締役副社長

成田悠輔の勉強法

成田博士は天才だったので特別な勉強をしておらず、基本的には独学で東大に合格しました。

とはいえ、麻布中学に入学して以降まともに受験勉強をしていなかったので、高校卒業前に受けたセンター試験も「暗号にしか見えず」浪人生活に突入。

受験戦線から離脱しバックパッカー生活に突入したが、母親に泣き疲れ「どうにか大学に行ってほしい」と嘆く母に反抗する強い意志もなかったという理由で、ようやく大学受験を決意。

当人いわく「頭脳競争みたいなものにはがんばらなくても勝てる」ので、予備校はチラシにあった体験授業をのぞいたのみ。

実際は独学で東京大学に合格した。

だが興味本位で覗いた予備校教師の技術の高さに驚嘆したんだそうです。

後に成田博士はこのように語ってます。

「予備校は、僕自身の受験にはほとんど役に立っていませんが、人に情報を伝えたり授業をしたりする原点となったイメージの1つは、あの時のぞいた予備校で得た気がします。」

「授業をするという視点で見ると、予備校の先生たちの技術は本当にすごくて、大学の先生なんて足元にも及ばないです」

天才成田博士をして、驚嘆させる予備校の先生の技術って本当に凄いんですね。

スポンサーリンク

まとめ

 

成田悠輔のメガネ(丸四角)ブランドや値段は?買った理由や形の意味についても調査!
成田悠輔のメガネ(丸四角)ブランドや値段は?買った理由や形の意味についても調査!成田悠輔(イエール大助教授)をYoutubeやテレビで面白いと話題になってます。 東京大学(東大)主席で卒業し、アメリカのMIT卒...

➡成田悠輔のメガネ(丸四角)ブランドや値段は?買った理由や形の意味についても調査!

成田悠輔の年収や総収入はいくら?大学教授(助教授)の経歴・学歴プロフィールを調査!
成田悠輔の年収や総収入はいくら?大学教授(助教授)の経歴・学歴プロフィールを調査!成田悠輔(イエール大助教授)をYoutubeやテレビで面白いと話題になってます。 東京大学経済学部(東大)を主席で卒業し、アメリカ...

➡成田悠輔の年収や総収入はいくら?大学教授(助教授)の経歴・学歴プロフィールを調査!

年収関連おすすめ記事一覧

こちらの記事もどうぞ!
スポンサーリンク
ABOUT ME
tana
中間管理職のTです。会社員も終身雇用は昔の事、転職や副業が当たり前の時代です。人生をより豊かにするため、副業・兼業や資産運用で老後資金を稼ぐのに役立つ情報を紹介します。