健康・スポーツ

松浦慶斗(大阪桐蔭)の経歴プロフィール!ドラフト候補で「いとこ」も有名人?

名門大阪桐蔭高校エースでドラフト候補・松浦慶斗投手。

最速150km/hストレートを投げる超高校級の左投げピッチャーです。

中学時代にはU-12日本代表として世界一を達成。

大阪桐蔭進学後も順調に成長し、選手層が厚い名門高で2年秋からエースナンバーを付け、マウンドに上がっています。

スポンサーリンク

松浦慶斗投手(大阪桐蔭・3年)

松浦慶斗投手は2021年の今大会で注目投手の一人。高校野球で毎年優勝候補に名を連ねる強豪「大阪桐蔭」のエースなんです。

松浦慶斗のプロフィール
  • 名前:松浦慶斗(まつうら けいと)
  • 身長・体重:185cm/94kg
  • 出身:宮城県
  • 高校:大阪桐蔭高校
  • ポジション:投手(左投げ・右打ち)

 

大阪桐蔭の松浦慶斗(3年)は、美しくしなやかな投球フォームから最速150キロのストレートを叩き込だす超高校級のサウスポー投手。

ドラフト会議では、上位指名候補としてリストアップされる、選手層の厚い大阪桐蔭のエース投手。

宮城県石巻市生まれ石巻門脇小学校1年生の時に、東日本大震災で被災。父の仕事の関係で、小学校2年時に北海道の旭川市へ転居した。

北海道に転居し小学校6年生時には、日本ハムジュニアに選出。

中学時代

中学生の時は旭川大雪ボーイズでプレー。

中学校1年生時にはU-12日本代表としてカル・リプケン大会に出場。

決勝アメリカ戦を含む3試合に登板し、世界制覇に貢献しました。

中学3年生時には最速138km/hを記録。日本少年野球選手権大会ではベスト8入りを果たしています。

さすがにドラフト候補の松浦投手。小・中学生から世代間で超有名な選手だったんですね。

スポンサーリンク

松浦慶斗投手の父

そんな松浦投手の父、松浦吉仁(よしと)さんは、北の名門・北海高校で1988年春、1989年夏の2回、甲子園出場した高校球児。

高校卒業後は、社会人野球・日本製紙で活躍後、同社石巻野球部の監督も務めた。

※入団したのは山陽国策パルプ旭川乾式野球部ですが、合併に伴いチーム名が日本製紙旭川軟式野球部となった。

父も野球で才能を発揮した相当な選手だったんですが、いとこに凄い人がいるんです!

松浦慶斗投手のいとこ・古谷優人

そんな松浦慶斗選手の、母の妹の古谷理江さんの次男が凄い方だったんです。

要するに「いとこ」なんですが、そのいとこがソフトバンク・古谷優人投手なんです!

古谷投手は松浦慶斗投手と同じ左投げのピッチャーで、2016年ドラフト2位ソフトバンクホークス入団。

プロ3年目2019年には日本人左腕最速160km/hをマークしている凄い選手なんです!

そんな本物のプロ野球選手をいとこに持つ松浦慶斗投手。

小学生の時に親戚の集まりで、いとことキャッチボールをしていた時に「制球を気にし過ぎず、思い切り投げたらストライクゾーンに行くから」とアドバイスを受けたこともあるそうです。

まとめ

今回は名門大阪桐蔭高校の松浦慶斗投手についてとりあげました。

小学生からすでに才能を発揮していた松浦慶斗投手ですが、

才能や恵まれた環境にあぐらをかかず、人の何倍も努力し続けたからこれまでの投手になったんでしょう。

父と母の良いところを受け継いだ大阪桐蔭の松浦慶斗投手。

高校三年生の夏の甲子園で、どんな成績を収めるかも気になりますが、

そのあとの、プロ野球のドラフトでどの球団に選ばれるか、どの球団に入るのかに注目です!

夏の甲子園2021の注目選手は誰?プロ野球ドラフト候補まとめ!

金井慎之介(横浜)の経歴プロフィール!ドラフト候補の本格派左腕とは?夏の甲子園2021年がはじまりました。夏の風物詩である甲子園といえばプロ野球ドラフト候補が気になる方も多いのではないでしょうか? ...

高校野球2021の日程&スケジュール!夏の甲子園トーナメント表&対戦組合せ一覧!

https://oospo.net/high-school-baseball-3/
スポンサーリンク
ABOUT ME
tana
中間管理職のTです。会社員も終身雇用は昔の事、転職や副業が当たり前の時代です。人生をより豊かにするため、副業・兼業や資産運用で老後資金を稼ぐのに役立つ情報を紹介します。