健康・スポーツ

水谷隼の学歴(大学・高校)偏差値や経歴は?結婚相手や年収1億円は嘘なの?

卓球としては日本人初、東京オリンピックでメダリストになった水谷隼さん!

日本卓球界のエースでレジェンドとして活躍し続けてきた水谷隼さん(以下:敬称略)にも、さまざまな苦悩や葛藤があったようです。

そこで今回は、そんな水谷隼さんにフォーカスをあてて、

  • 生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?
  • 出身中学・高校・大学や偏差値について
  • 結婚や家族構成、両親・兄弟の情報
  • 卓球でも驚愕の年収1億円は本当か?

 

について調べましたのでさっそくどうぞ!

スポンサーリンク

水谷隼の経歴・プロフィール

まずは水谷隼の経歴・プロフィールを簡単に紹介。


水谷隼のプロフィール
  • 名前:水谷隼(みずたに じゅん)
  • 生年月日:1989年6月9日
  • 出身:静岡県磐田市
  • 身長・体重:172cm、63kg
  • 血液型:B型
  • 特技:卓球
  • 所属:木下グループホールディングス

 

水谷隼選手の所属歴と日本代表歴

所属歴2003 ドイツの旗ボルシア07ミュンスター(ドイツ)
2004 ドイツの旗TTCヘルネ(ドイツ)
2006 ドイツの旗ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ)
2008 中華人民共和国の旗浙商銀行(中国)
2010 中華人民共和国の旗四川郵儲・先鋒汽車(中国)
2013-2016 ロシアの旗UMMC(ロシア)
2016-2018 ロシアの旗ガスプロム・オレンブルク(ロシア)
2018- 日本の旗木下マイスター東京(日本)
マネージメント株式会社 HLBスポーツ
日本代表歴 日本代表 2005-2021

水谷隼選手は上記のとおり、2003年以降の大部分を海外のチームに所属していた事になりますね。

主な所属チームだけでも8つあり、「ドイツ、中国、ロシア、そして日本」4カ国でプレーしていた事になります。

ちなみに初めてドイツのチームに所属した2003年は中学1年生のときですから、とんでもないスーパー中学生だったんです。

水谷準の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

次に水谷準選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

水谷家は4人家族で、家族構成は次の通り

・父:水谷信雄さん
・母:水谷万記子さん
兄:水谷準選手
・妹:水谷茉央選手

 

ちなみに、水谷選手の両親は共に卓球経験者で、父・信雄さんは水谷選手が子どもの頃に通っていた「豊田町卓球スポーツ少年団」の代表も務めています。

もちろん、妹の茉央さんも卓球選手。

更に、水谷選手が2013年に結婚したお相手の女性も元卓球選手なんです。

要するに、ガチガチの卓球一家という事です!

奥様は、水谷選手のために調理師専門学校に通い、健康的な料理を作って水谷選手を支えてきたんだとか。

水谷選手が才能があった事は間違いないでしょうが、家族の献身的なサポートがあったから世界トップクラスの卓球選手としてプレーを続けらたんでしょう。

家族全員が卓球経験者ですから、卓球する以外の選択肢がなかったのかもしれませんけどね。

水谷準さんご一家が言うには、経験者で本気だからこそ衝突をすることもあったが、経験者だからこそ分かり合える瞬間やサポートに努めていたそうです。

ここだけ切り取ると良い話みたいですが、実際は壮絶な生活をしてたのかもしれません。

こうした家族のサポートも、水谷選手の強さの秘密であることは間違いないでしょう。

水谷隼の幼少期~小学生の経歴

静岡県磐田市で生まれた水谷隼さん。

家族は両親と兄と妹の5人家族(子供3人の真ん中)の水谷少年は、5歳で父親が代表を務める『豊田町卓球スポーツ少年団』に第1期生として入団し卓球を始めました

幼稚園から卓球を始めた水谷少年は、地元の静岡県磐田市の「磐田市立磐田北小学校」へ入学。

 

小学校1年生時に初出場した「全日本卓球選手権大会」小学校2年生以下の部で準優勝

惜しくも優勝は逃したが、翌年には同大会で優勝

するとその後もカブ(小学4年生以下)、ホープス(小学6年生以下)でも優勝し続ける快挙を成し遂げます。

そんなスーパー小学生の水谷隼少年は、東アジアホープス男子団体にも出場し、日本初優勝に貢献しました。

水谷隼の中学~高校時代の学歴・偏差値と経歴

スーパー卓球小学生として、タイトルを総なめしてきた水谷隼少年は、地元の磐田市立城山中学校に入学。

静岡県磐田市見付263-3

しかし、より良い環境を求め卓球だけではなくスポーツが強いことで全国でも有名な、青森県の青森山田中学校(偏差値48)に転向しました。

卓球強豪校の青森山田中学に入学(転校)

水谷隼が入学(転校)した青森山田中学は、男女共学の中高一貫の私立中学。

併設している併設校の青森山田高校には、内部進学で進むことができます。

実は

小学生から内外のタイトルを総なめしてきた水谷少年は、一度は地元の中学校に進学したんですが、より良い練習環境を求め全国でも屈指の強豪校である青森山田中学に転校しました。

そんな水谷隼少年は中学2年(2004年1月)で出場した「全日本卓球選手権ジュニアの部」で、男子としては史上最年少で優勝

そして、2005年には15歳10ヶ月という男子史上最年少で世界卓球選手権日本代表に選出されます。

また、このころからドイツに留学し卓球のドイツ1部リーグへの出場を開始。

水谷少年は中学生の時には世界を視野に入れながら戦う「スーパー中学生」へと成長を遂げます。

卓球強豪校の青森山田高校に入学

青森山田中学を卒業した水谷少年は併設校である青森山田高校へ進学しました。

青森山田高校は、青森市にあるの私立高校で中高一貫の高校。

スポーツには特に力を入れており、「サッカー」「卓球」「硬式野球」「バドミントン」「自転車競技」「柔道」などの競技は全国の常連で、有名選手も多数輩出しています。

卓球では福原愛さんや、水谷隼さんなどオリンピックメダリストを排出。

福原愛さんも青森山田高校出身

卓球選手時代は華々しい成績をおさめ、オリンピックで2度のメダルを獲得した福原愛さん。

実は、水谷隼選手の1学年上の先輩だったのが福原愛選手。お互い卓球のスーパーエリートということもあり、当時から二人は仲が良かったようですよ。

水谷隼・福原愛・リオデジャネイロオリンピックメダルを獲得し、青森山田高校へが凱旋

2016年のブラジルのリオデジャネイロオリンピックでメダルを獲得した時には、福原愛と水谷隼は二人で青森山田高校に凱旋し報告会をおこなってます。

台湾人のイケメンご主人と国際結婚し、子宝にも恵まれ幸せに暮らしているように感じていました。

しかし大人の事情もあり離婚、現在は違う意味で注目を集めている福原愛。

卓球選手としては超一流選手だった事はまだ記憶に新しいですよね。

天才大リーガー大谷翔平選手も東北の名門高校出身

さらにアメリカの大リーグ「ロサンゼルス・エンゼルス」でMVP級の大活躍している、あの大谷翔平選手も東北の高校出身です。(青森山田高校ではありません)

大谷翔平が高校生から書いてた目標達成シート「マンダラチャート」はビジネスでも使える!

大谷翔平
大谷翔平が高校生から書いてた目標達成シート「マンダラチャート」はビジネスでも使える! 出典:「PRESIDENT」2018年7月30日号 メジャーリーグで大活躍の大谷翔平選手ですが、オールスターのホームランダ...

 

大谷翔平選手から話を、水谷隼に戻しますね。

青森山田中高校へ進学した後も、水谷隼の勢いは止まりません。

ていうか、誰も止められない破竹の無双状態へと突入していくんです!

2006年(平成18年)に出場した、全日本卓球選手権では男子シングルス、男子ダブルス、男子ジュニアの部シングルスを制し3冠を達成!

そして男子ジュニアの部シングルスでは史上最多の3回の優勝を記録します!

未だにこの水谷隼の大記録は破られおらず、卓球の知識がない方でもどれだけ凄い記録だったかがおわかりになるかと思います。

更に、男子シングルスでは、当時としては史上最年少の17歳7ヶ月で全日本卓球選手権を優勝しました!

高校時代の水谷隼はゲームでいうところの無敵モードに突入していて、本当に誰も止められない状態だったんです。

実は高校進学した時点で同世代には国内には敵がいなかったので、国際試合にもどんどん出場していました。

青森山田中学時代でも少し触れましたが、2005年には15歳10ヶ月という男子史上最年少で世界卓球選手権日本代表として世界大会で戦っていた水谷隼選手。

監督推薦で出場した国際大会でしがが、出場した日本人で一番良い成績を残したのが水谷隼選手だったんです。

そんな事もあり、中学生の時には既にナショナルチームでトップクラスの選手だったんです。

その当時から世界を視野に入れており、このままドイツで練習すれば世界でもトップレベルの選手になれる日が来ると確信をもったようです。

天才がそう考えたんですから、本当だったんでしょう(実際に実現しましたし)

そんな水谷隼選手は、高校2年生の時にはドイツに在住しながら、翌年にはドイツの「デュッセルドルフ」に加入しています。

そして卓球のドイツ1部リーグへの出場を開始しているんです。

高校生から既にドイツに海外留学していんただけではなく、1部リーグに出場していたんだからとんでもない逸材です!

ドイツに留学していた水谷隼選手は、日々成長しレベルアップしていくのを実感でき楽しかったと当時を振り返っています。

ドイツに長期滞在していた水谷隼さんですが、青森山田高校の特別の計らいもあり同行を卒業しているんです。

それだけの高待遇をしてくれるんですから、日本代表レベルの学生が青森山田に集まるのも納得ですね。

水谷隼は試合中にパンツを履かないのは本当なの?

水谷隼が試合中にパンツを履かないというのを聞いた事もある方も多いはす。

日常生活中はパンツを履いていますが、なんで試合中に履かないのか知ってますか?

水谷選手が試合中にパンツを履かなくなったのは中学1年のときからなんです。

きっかけとなったが、静岡県の地元の中学に在籍中(磐田城山中)に参加した日本協会の強化合宿中のことだったんです。

青森山田高校伝説とは?

日本協会の強化合宿に参加していた水谷少年は、その合宿中に卓球の強豪校である青森山田中高の選手たちがパンツを穿いていないことを知ってしまったんです。

少しでも強く成りたかった水谷少年は、卓球がうまくなる秘訣があると信じたんでしょう!

「パンツを履かないほうが強くなれる!」と信じたんでしょうね、水谷少年はもその合宿から穿かなくなったんだとか。

でも『安心して下さい!スパッツ的なものを履いてますよ』

※履いているなければ、問題になっていたはずですからね(汗)。

水谷本人はこれを「青森山田高校の伝統」と説明している。

ちなみて、同じ青森山田高校出身の丹羽孝希選手は「そんな伝説は無い」と否定しているんだとか。

真実はどうであれ、結果強くなったんですから問題無しってことですよね。
※ある意味危険で!小さい子は真似をしないで下さい。

青森山田高校の主な卒業生
  • 錦織圭(プロテニス選手)
  • 柴崎岳(プロサッカー選手)
  • 本田真凜(フィギアスケート)
  • 本田望結(フィギアスケート)
  • 福原愛(卓球選手)

中学・高校時代からこれだけ活躍していれば、卓球のレジェンドと呼ばれ、オリンピックでメダルを獲得したのも納得です。

スポンサーリンク

明治大学(学歴・偏差値)時代の経歴

水谷隼は2007年に明治大学の政治経済学部に進学します

明治大学の政治経済学部、偏差値62.5~65.0

(※伊藤美誠選手は明治大学出身ではありません)

青森山田中学・青森山田高校時代にあらゆるタイトルを総なめした水谷隼選手は、明治大学に進学しました。

明治大学に進学を決めた理由として

  • 明治大学の卓球部は名門である
  • 明治大学卓球部は世界で戦うためのサポート体制が整っている

 

ということだそうです。

ただし、一般受験で明治大学政治学部に入学したのではなく卓球のスポーツ推薦での進学されました。

中学・高校とあらゆるタイトルを総なめにしてきた水谷隼選手ですから、明治大学としても来てほしかったはずです。

というのも高校から、明治大学(2007年)に入学したこの同時期に、ドイツの1部リーグ(ブンデスリーグ)のデュッセルドルフに加入(2007~2008シーズン)して日独両国で卓球をしてきた水谷隼選手。

ドイツでは生活するのが精一杯で、満足するまで卓球に打ち込めない状態だったようです。

時間もお金も無くて生活するのが本当に苦しかった苦労人としての時代をドイツで過ごした水谷選手。

この苦しい時期を踏ん張って過ごした経験を、今後の卓球人生に活かしたいと考えた。

ドイツで本当に苦労した水谷準は、いい環境で卓球に本気で打ち込みたい気持ちが強かった水谷選手。

日本で心ゆくまで卓球に打ち込める環境を望んでいた水谷選手。

日本では中学・高校と敵無しだった卓球エリート高校生が、ドイツで生活ぎりぎりで生活した経験をした上で、卓球に集中できる環境を求めて選択したのが明治大学だったわけです。

そこに一切の妥協はあるはずもありません。要するにマジだったです。

本気で卓球に打ち込める環境を望んでいた水谷隼は、明治大学1年の時には早くもオリンピック日本代表に選出され、北京オリンピックに出場

そして大学3年の時には、前人未到の全日本選手権シングル5連覇を達成。

世界ランキングも7位になるまで成長しました。

とんでもない怪物に成長した水谷隼選手は当時のインタビューがこちら。

「ぼくも大学生になり、この3年間は充実しているし、楽しい。毎日「時間よ止まれ」という感覚です。もうちょっと強くなりたい。18歳位でこの世界ランキングに成りたかった。」

 

世界ランキング入りという、高い目標を確実に果たした水谷隼選手。

このように大学時代も世界を股にかけて活躍していた水谷隼選手ですが、しっかり明治大学を卒業しています。

卓球だけじゃなく、やるときはしっかり勉強もされていたんですね。

リオデジャネイロオリンピック2016迄


明治大学在学中どころか、中学生の時から世界で戦い続けて来た水谷選手。

一般のアスリートで、学生時代に海外を含めてここまでキャリアのある方も珍しいかもしれません。

中学生時代から世界で戦い続けてきた水谷選手は、学生時代からトップチームでも活躍していたという事情もあり記載すべき事が多すぎてとてもではないですが全てを記載する時間も気力もありませんでした。

そんな大人の事情もあり途中の国際大会なども大幅に省略し

  • 「リオデジャネイロオリンピック2016」
  • 「東京オリンピック2020」

について紹介します。

水谷隼選手のリオデジャネイロオリンピック2016の成績

そして、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、シングルスで男女通じて日本人初のメダルとなる銅メダルを獲得しました。

リオ五輪2016の成績
  • 男子団体:銀メダル
  • 男子シングルス:銅メダル

男子団体で銀メダル、そして男子シングルスでは銅メダルを獲得!

最強中国の壁をなかなか崩せない男子日本卓球でしたが、リオ五輪で念願のメダルを同時2つも持ち帰ったんです。

この時点で、生きる伝説となったといっても過言ではないでしょう。

東京オリンピック2020

そして記憶に新しい東京オリンピックでは、

水谷隼選手と伊藤美誠選手の混合ダブルス日本卓球界初となる、金メダルを獲得!

さらに、


日本男子団体「水谷 隼選手、丹羽 孝希選手、張本 智和選手」が銅メダルを獲得し、男子団体は2大会連続のメダル獲得を成し遂げました!

男子団体では前回のリオデジャネイロ2016の銀メダル獲得に続け、2大会連続となるメダルを獲得(東京五輪では銅メダル)

東京五輪2020の成績
  • 混合ダブルス:金メダル
  • 男子団体:銅メダル

日本卓球界でオリンピックで4つのメダルを獲得した記録は現在最高記録のはずです。

水谷隼(卓球)の最高年収は1億超えは嘘なのか?

最近でこそ日本の卓球選手の活躍により、卓球はメジャーなスポーツになってきています。

しかし、現在すでに成人している方にとって「卓球はマイナースポーツ」と考えている方が多いはず。

旅行先のホテルに卓球台が置いてあれば、久しぶりに勝負するなんて事がある位ではないでしょうか?

卓球がメジャーに成り始めた功労者を男女1名ずつ挙げるとしたら

  • 女子では、水谷隼選手の青森山田時代の先輩でもある、泣き虫「愛ちゃん」こと福原愛さん。
  • 男子では、なんといっても日本男子卓球界の生ける伝説と言っても過言ではない「水谷隼選手」

 

殆どのかたが、この2名が頭に浮かんでくるのではないでしょうか?

10代なら「伊藤美誠選手」や、「張本智和選手」を思い浮かべたかもしれませんが。

そこで気になるのが、水谷選手はどれくらい稼いているかってことですよね!

日本卓球界の宝「水谷隼選手」の年収は1億超えなの?

生ける日本男子卓球界のレジェンドとなった水谷隼選手


多くの海外生活を通して水谷選手が「一番変わった」と振り返るのがロシア時代での活躍。

2013年から2017年までロシアリーグでプレーした水谷選手は「あの時代が一番つらかった」と振り返っています。

具体的には

  • まず言葉が通じないし、
  • 食事も・・・(お口に合わなかったんでしょう)
  • それに移動距離だってハンパじゃなかった。

 

移動距離に関しては、その当時、テニスの錦織圭選手が日本人のアスリートで一番移動してるっていうのをテレビでやってたんですけど、絶対僕だったんじゃないかって思ったんだとか。

実際にどっちが移動距離が長いかどうかは問題ではなくて、試合のたびにフライトで、日本とロシア、T2のマレーシアの3カ国をぐるぐる移動していまたので移動だけで疲れてしまうんだとか。

移動に慣れるまでは試合前にはヘトヘトだったでしょうから、体調管理が大変だったでしょうね。

しかし、極寒の北の地での孤軍奮闘は報われ。ロシアリーグでのUMMCでは全勝優勝し、オレンブルクではヨーロッパチャンピオンズリーグで優勝という輝かしい実績を残したんです。

そして水谷選手本人が、「2017年のオレンブルクの頃からは、実は年俸は1億円を超えました」と打ち明ける。

実はロシアや中国のトップ選手は、1億超えの選手が何人もいるんだとか!

水谷隼選手が卓球で「飯を食っていく」と決めた時から、目標に定めていたのが「億超え」だったそうです。

本人が言っているので、水谷隼選手の年収1億超えは本当でした!

報酬でも億超えを達成している水谷隼選手は、成績でも年収でも夢を与えた日本卓球界のレジェンドと言ってもいいでしょう!

水谷自身、過去のTV番組で、貯金が1億あると発言し話題になっていたんですが、「実はそれも少なめに言ったほうなんです」

本人曰く「一度、億を超えて以降はコンスタントに維持しています」というから驚きだ。

マイナー競技と思われていたのは一昔の話で、

卓球でも、超一流選手になると1億超えは可能なんです!

夢がありますね!

まとめ

今回は卓球日本代表として2大会連続オリンピックでメダルを獲得をした水谷隼選手をとりあげました。

東京オリンピックで3つのメダルを獲得を獲得した、男子日本卓球界のレジェンドと呼ぶにふさわしい水谷隼選手。

卓球選手としては致命的なハンデとなる、目の病気とも戦いながら選手として優秀の美を飾り引退されました。

また東京オリンピック2020で現役引退を表明した水谷選手。

その水谷選手は「2004年にナショナルチームに初めて入った時からの大きな夢が2つありました。

  • 1つはオリンピックで金メダルを取ることで、
  • もう1つは卓球をメジャーにすることだった。

17年の時を経て両方ともかなえられたと思っている、と競技生活を振り返りました。

東京オリンピック2020で良い成績を残した選手たちには協会の規程に基づいて報奨金が贈られ、このうち金銀銅と3つのメダルを獲得した伊藤選手は1000万円の目録を受け取りました。

全てのメダルを獲得して1000万は正直少なすぎると思いますが・・・、

今まで、選手として多くの感動を与えてくれは水谷隼さんが、今後は指導者や解説者としての道を進むと思われます。

次のオリンピックまでは、しばらく引っ張りだこである事は過去のメダリストを見て本人も認識しているようです。

今後どんな道を進むのか楽しみですし、暫くは目が離せませんね。

スポンサーリンク
ABOUT ME
tana
中間管理職のTです。会社員も終身雇用は昔の事、転職や副業が当たり前の時代です。人生をより豊かにするため、副業・兼業や資産運用で老後資金を稼ぐのに役立つ情報を紹介します。