年収

鍵山優真の年収・月収やCMギャラはいくら?経歴・学歴や総収入も気になる!

フィギアスケートとしては日本人初、東京オリンピックでメダリストになった鍵山優真さん!

日本フィギアスケート界の新星「鍵山優真」 さん(以下:敬称略)にも、さまざまな苦悩や葛藤があったようです。

そこで今回は、そんな鍵山優真 さんにフォーカスをあてて、

  • 生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?
  • 出身中学・高校・大学や偏差値について(現在高校生)
  • 結婚や家族構成、両親・兄弟の情報

 

について調べましたのでさっそくどうぞ!

スポンサーリンク

鍵山優真 の経歴・学歴プロフィール

まずは鍵山優真 の経歴・プロフィールを簡単に紹介。

鍵山優真 のプロフィール
  • 名前:鍵山優真 (かぎやま ゆうま)
  • 愛称:ゆまち
  • 生年月日:2003年5月5日
  • 出身:神奈川県横浜市
  • 身長・体重:160cm、51kg
  • 血液型:O型
  • 特技:フィギアスケート
  • 所属:オリエンタルバイオ

 

鍵山優真の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

次に鍵山優真選手の気になる家族構成や経歴を紹介。

鍵山家は両親と姉と妹の5人家族。

鍵山優真の父でありコーチの鍵山正和

父でありコーチの鍵山正和さんは、1992年アルベールビルオリンピックと、1994年のリレハンメルフィギアスケートの2大会に日本代表として出場している凄い方。

元オリンピック選手の「ゆまちパパ」鍵山正和さんの動画をみましたが、柔らかい膝で着氷するスケーティング技術は流石ですね。

鍵山優真 の幼少期~小学生の経歴

神奈川県横浜市で生まれた鍵山優真さん。

父の仕事の都合で、幼少の時に富山県や長野県北佐久郡軽井沢町で暮らしていました。

鍵山少年がスケートを初めたきっかけは、お父さんの職場「富山スケートセンター」で滑っているうちに楽しくなったから。

スケートが好きになった鍵山少年は、5歳のときに本格的にスケートを始めました。

それ以降ほぼ毎日スケートリンクに立ち、父親の指導を受けていたんだそうです。

当初は長野県軽井沢町立軽井沢中部小学校に通っていましたが、小学3年生の時に軽井沢中部小学校に転校。

軽井沢に移住したからは「軽井沢風越公園アイスアリーナ」を練習拠点としていた。

小学生の時はフィギアスケートだけでなく、踊りの技術を磨くためでしょうか「ジャスダンス」も習っていたんだとか。

やはり「世界レベルの選手」は幼少の頃から英才教育を受けているんですね。

本格的にスケートを初めた鍵山少年ですが、当時はどちらかと言えば「楽しみながら」スケートをしていたそうです。

そんな影山少年が12歳で「2015の全日本ノービス選手権」に出場した際、4位で表彰台に登れず「悔しい思い」をしたのがきっかけで本気で練習をする決意をされたんだとか。

鍵山優真の中学~高校時代の学歴・偏差値と経歴


5歳から本格的にスケートを初めた鍵山少年。

中学1年になるり出生地の横浜市に戻ってきて、地元の横浜市立六角橋(ろっかくばし)中学校に進学。

「横浜銀行アイスアリーナ」を練習拠点にしながら中学時代をすごしました。

2016年の全日本ジュニア選手権(中学1年)では11位、翌年2017年の全日本ジュニア選手権では12位とメダルどころか、6入賞にも届かない時期が続いたんです。

中学時代は楽しみながらスケートの練習をしていた鍵山選手ですが、当時は成績が伸び悩んで苦しんでいた時期でもあったんです。

幼少期から国内トップレベルの選手でしたが、その才能を開花させたのは中学3年生になってから。

2018年8月、中学3年で参加した国際大会「2018年アジアフィギュア杯」で優勝したんです。

さらに同年に開催されたジュニアグランプリシリーズ「アルメニアン杯」で準優勝、全日本ジュニア選手権で5位入賞。

推薦枠を獲得して出場した全日本選手権では「6位入賞」を果たして「新人賞」を獲得したんです。

中学3年で才能を開花させ、一躍「日本トップレベル」の選手になった鍵山優真。

スケート三昧の中学時代を過ごした鍵山選手ですが、さらにスケート中心の生活をするため高校は星槎国際高等学校に進学しました。

鍵山優真の出身高校や偏差値は?

中学時代から国際大会にも出場しいた鍵山優真選手は、フィギアスケートに集中するため、通信制の「星槎国際高等学校」に進学。

北海道の芦別市に拠点があり、札幌や横浜そして大阪にもキャンパスがある通信高校。

「星槎国際高等学校」は通信高校ということもあり、「偏差値37」(参考値)と学力レベル的には安易と言いうより「やる気のある人」が入学する学校です。

プロスポーツ選手や芸能関係の方にとっては通いやすい学校で、格闘家の「武尊」や、ダンサーの菅原小春も卒業しています。

高校時代戦績

ここ2・3年の目覚ましい成績を紹介

2019年の鍵山優真の戦績

 

【2019年】
全日本フィギュアスケート選手権大会 3位
・ISUジュニアグランプリフランス大会 優勝
・チャレンジカップ 2位

2019年の全日本フィギュアスケート選手権では、憧れの先輩である羽生結弦選手や宇野昌麿と同じ舞台に立ちます。

結果は銀メダルと、世界最高レベルの2人の先輩とメダル争いをするまでに成長したんです。

そして、微笑ましかったのがこちら


鍵山選手が試合後に憧れの先輩である羽生結弦選手に対して握手を求めたんです。

憧れの羽生結弦選手と握手を交わして声をかけてもらえ、本当に嬉しそうにしていたのが印象的ですよね。

既に自分が宇野選手や羽生選手に迫る勢いで成長しているのに、まるで子供みたいな笑顔をしています。

2019年にはシニア大会でもメダル圏内にはいる成績を収めるにまで成長し、日本のトップレベルの選手に成長。

そして、

2020年の鍵山優真の戦績

【2020年】
全日本フィギュアスケート選手権大会 3位
ISUグランプリNHK杯 優勝
・ISU世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会 2位
・ISU四大陸フィギュアスケート選手権大会 3位
・ユースオリンピック冬季競技大会(ローザンヌ) 優勝

全日本フィギュアスケート選手権では、昨年に続き「羽生結弦選手や宇野昌磨選手」には一歩及びませんでしたが2年連続の銅メダルを獲得しました。

【緊張した…】全日本フィギュア男子3位 鍵山優真ノーカットインタビュー!

コロナの影響で日本人のみの参加となりましたが、シニアのGPシリーズであるNHK杯で初優勝を飾ります。

スポンサーリンク

明治大学(学歴・偏差値)時代の経歴

鍵山優真選手は2021年の時点では、インタビューで大学進学を名言していません

 

先輩の宇野昌磨選手は、中京大学スポーツ科学部在学中。

さらに、羽生結弦選手は早稲田大学人間科学部卒業

フィギュアスケートと学業の両立は大変でしょうが、身近な先輩で実践している方がいるすし

実績のある「中京大学」か「早稲田大学」に進学する可能性もあるでしょう。

鍵山優真 (フィギアスケート)年収はいくら?

最近でこそ日本のフィギアスケート選手が国際大会で活躍して、フィギアスケートはメジャーなスポーツになってきています。

2021年10月1日からオリエンタルバイオの所属となり、年収はあがったでしょうが単年度の収支でも苦しい状況が続いていると思われます。

羽生結弦選手がANAとの専属契約ですら、ANAとの専属契約で2,000万円ですから、良くても1,000万円位でしょう。

北京冬季五輪に出場を決め、メダリストになれば「CM」もが決まるでしょうから、年収は一気に1億円の大台を超える可能性も充分あります。

北京冬季五輪2022を控え、成長著しい鍵山優真選手のこれからの彼に期待しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回はフィギアスケート北京冬季オリンピックの日本代表候補の鍵山優真選手をとりまげました。

2019、2020年と成長著しい次世代のフィギュアスケート選手である鍵山優真選手は、まだ現役の高校生です。

父親もフィギュアスケートのオリンピックに出場経験がある、サラブレッドとして育った彼が、北京オリンピックで羽ばたく姿を楽しみにしています。

恐らく父親が果たせなかったオリンピックのメダリストになることを目標としているでしょうから、そういう意味でも期待しましょう!

スポンサーリンク
ABOUT ME
tana
中間管理職のTです。会社員も終身雇用は昔の事、転職や副業が当たり前の時代です。人生をより豊かにするため、副業・兼業や資産運用で老後資金を稼ぐのに役立つ情報を紹介します。