年収ランキング

サッカーJリーグチーム別年俸ランキング2021!圧倒的1位はどこ?

2021年のJリーグプロサッカー選手の年俸(年収)ランキングが気になる方も多いはず!

最近でこそJリーグ(Jリーガー)で年俸1億円以上稼ぐプロサッカー選手も増えてきました。

しかし海外では年俸10億以上稼ぐプロサッカー選手はゴロゴロいるんです!

この記事では、Jリーグのチーム別年俸ランキングと、年俸トップチームの選手の年俸ランキングを紹介します。

Jリーグで一番太っ腹のチームはどこなんでしょうか?

実は意外と思われるあのチームがブッチギリの年俸1位なんです!

スポンサーリンク

【サッカー】Jリーグチーム別年俸ランキング【2021年】

サッカーファンでなくてもJリーガーがどれくらい稼いでいるのか気になりますよね。この記事では2021年Jリーガーの年俸ランキングTOP10ヴィッセル神戸)を紹介します!

サッカーJリーグ チーム別年俸ランキング【2021年】

順位チーム名2021年 総年俸
1ヴィッセル神戸47億1240万円
2名古屋グランパス12億5540万円
3ガンバ大阪11億5930万円
4鹿島アントラーズ11億1040万円
5浦和レッズ10億7960万円
6川崎フロンターレ10億5160万円
7柏レイソル10億3530万円
8横浜F・マリノス9億4200万円
9セレッソ大阪8億1840万円
10FC東京7億9880万円
11清水エスパルス7億1580万円
12サンフレッチェ広島6億9440万円
13横浜FC6億2280万円
14コンサドーレ札幌5億9110万円
15湘南ベルマーレ5億5780万円
16徳島ヴォルティス4億5580万円
17アビスパ福岡4億4080万円
18ベガルタ仙台4億3240万円
19サガン鳥栖3億3380万円
20大分トリニータ3億1120万円

チーム別年俸ランキング1位の年俸を見て驚いた方も多いはず!

2021年Jリーグチーム別の年俸ランキングは、2位以下に大差をつけて47億1240万円のヴィッセル神戸です。

メインスポンサー(オフィシャルトップスポンサー)に楽天(三木谷社長)が入ってから資金に余裕ができたんでしょうね。

チーム別年俸が圧倒的に多いヴィッセル神戸ですが、実はその年俸の大部分を一人の選手が締めているんです。

ヴィセル神戸の年俸の大部分を占める超一流選手は誰?


ヴィセル神戸が2021年Jリーグチーム別年俸ランキングの1位になりましたが、その大部分を一人の選手が締めているんです。

そう、あのサッカー界のスーパースター元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ選手

ヴィッセル神戸のチーム年俸総額の約7割をイニエスタ選手一人がもらっているんです。

世界のスーパースターはやはり年俸の桁も違いますね!

▼イニエスタのスーパーゴールはこちら▼

▼【ヴィッセル神戸】イニエスタのユニフォーム▼

 

イニエスタの32億5,000万円の年俸は、Jリーグ史上最高額と言われています。

ヴィッセル神戸のメインスポンサーは、あの三木谷浩史社長の楽天グループ㈱です。

創業社長でビリオネア(10億ドル=1000億)の大富豪、楽天の三木谷社長は太っ腹ですね!

ヴィッセル神戸の選手年俸ランキング【2021年】

Jリーグチーム別年俸ランキング1位のヴィッセル神戸。そこで気になるヴィッセル神戸の年俸ランキングを紹介します。

2021年「ヴィッセル神戸」選手別年俸ランキング

順位背番号選手名年齢2021年 年俸
18アンドレス イニエスタ37歳32億5000万円
24トーマス フェルマーレン35歳5億円
349ドウグラス33歳2億円
46セルジ サンペール26歳1億5000万円
524酒井 高徳30歳1億4000万円
65山口 蛍31歳1億円
729リンコン20歳6000万円
818飯倉 大樹35歳4000万円
821田中 順也34歳4000万円
1025大﨑 玲央30歳3000万円
1011古橋 亨梧26歳3000万円
129藤本 憲明32歳2000万円
127郷家 友太22歳2000万円
141前川 黛也27歳1500万円
1419初瀬 亮24歳1500万円
1617菊池 流帆24歳1000万円
163小林 友希21歳1000万円
1614安井 拓也22歳1000万円
1620井上 潮音24歳1000万円
1637増山 朝陽24歳1000万円
1626櫻内 渚32歳1000万円
2231中坂 勇哉24歳800万円
2232廣永 遼太郎31歳800万円
2441小田 裕太郎20歳700万円
2522佐々木 大樹22歳600万円
2630伊藤 元太21歳460万円
2623山川 哲史24歳460万円
2827櫻井 辰徳19歳420万円

2021年のヴィッセル神戸の選手別年俸ランキング1位は、32億5000万円を稼いだアンドレス イニエスタ選手。

ヴィッセル神戸は日本人2名を含め、1億円プレイヤーが6名も在籍するスター軍団です。

2021年のチーム年俸の合計が47億1240万円と超リッチなヴィッセル神戸ですが、実はその巨額の年俸の40億円以上を5名の外国人選手で締めているんです。

大型補強したチームは2021年も順調に勝ち点をあげ、記事投稿時は3位につけています。

それにしても、なぜこんな高額な報酬を払えるんでしょうか?

高額な年俸を払えるカラクリ

実はヴィッセル神戸のスポンサーである楽天は、世界戦略の一環としてスポーツに注目しており、世界的な名選手を獲得したり、スポンサーになったりしているんです。

そういった事もあり宣伝広告費として考えれば多額のスポンサー費用も十分回収可能で、今後の海外展開の際にも様々な形で活用できるんだとか。

中でも、ヴィッセル神戸は積極的な投資が続いているチームで、高額年俸の選手を国内外で獲得しています。

長期的な展望と潤沢な資金がないと、とてもじゃないですがここまでの高額の費用は払い続けられないですよね。

まとめ

今回は2021年のJリーグのチーム別年俸ランキングを紹介しました。

ヴィッセル神戸が圧倒的資金力で有能は選手を大幅補強し、年々チーム力を高めてきてます。

楽天がスポンサーのヴィッセル神戸は、海外の超一流のアスリートを補強しながら近い将来

すごいタイトルを獲得するかもしれませんね。

こちらの記事もどうぞ!

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
tana
中間管理職のTです。会社員も終身雇用は昔の事、転職や副業が当たり前の時代です。人生をより豊かにするため、副業・兼業や資産運用で老後資金を稼ぐのに役立つ情報を紹介します。