スポーツ

平野海祝(歩夢・弟)の経歴・学歴プロフィール!生い立ちや両親・家族構成も紹介!

北京オリンピック2022の「スノーボード・ハーフパイプ」に出場した平野海祝選手。

兄の歩夢選手と一緒に北京冬季五輪に出場し注目を集めましたよね!

平野歩夢選手は「北京五輪」で金メダル、「平昌五輪2018」で銀、「ソチ五輪2014」で銀と合わせ「3大会連続でメダルを獲得」しています。

そんな、偉大な兄を持つ平野海祝さんの生い立ちや家庭環境について気になりますよね?

そこで今回は平野海祝選手の経歴や学歴はもちろん、兄弟や家族についても調べてました早速どうそ!

スポンサーリンク

平野海祝の経歴・学歴・プロフィール

スノーボード・ハーフパイプ日本代表の平野海祝選手。


平野海祝のプロフィール
  • 名前:平野 海祝(ひらの かいしゅう)
  • 生年月日:2002年10月14日
  • 出身:新潟県村上市
  • 身長:165cm
  • 体重:60kg
  • 高校:開志国際高校・アスリート学科
  • 大学:日本大学・スポーツ科学部
  • 所属:日本大学スキー部

 

北京冬季五輪オリンピック2022の日本代表として、兄の平野歩夢選手と兄弟で五輪出場を決めて話題になっています。

そんな平野海祝さんは新潟県村上市出身で、現在は19歳とまだ若く将来も楽しみな選手。

2022年1月現在、海祝選手の身長165cm、体重60kgと体格は少し小柄なのかもしれません。

スポンサーリンク

平野海祝のこれまでの主な戦績は?

平野海祝のこれまでの主な戦績
  • 2017年:ジュニア五輪ハーフパイプ中学2年生部門 優勝
  • 2018年:ジュニア世界選手権 3位
  • 2020年:ユース五輪ハーフパイプ 2位
  • 2021年:世界選手権代表
  • 2021年:全日本ジュニア選手権 1位
  • 2021年:全日本選手権ハーフパイプ 3位
  • 2022年1月15日:ハーフパイプW杯 8位
  • 2022年1月19日:北京五輪代表内定
  • 2022年1月21日:Xゲーム(米コロラド) 3位
  • 2022年2月11日:北京五輪 ハーフパイプ 9位

持ち前の運動神経もあり国内トップ選手になり、主要な国際大会でも好成績を収め続けた海祝選手。

2022年1月19日に北京オリンピック代表に内定が決まり、その直後にXゲームで3位と見事に結果を残します。

圧倒的に強いというわけでもありませんが、いつも上位に食い込んでくる曲者的。

北京冬季オリンピック2022

2022年2月の開催された北京オリンピックに初めて参加した平野選手。

北京五輪の予選を通過し、ハーフパイプ決勝のファーストエアで高さ7.4mでハイエスト記録を出す渾身の滑りをみせました。

動画を見て頂ければ分かりますが、びっくりするくらい高く飛んでます。

残念ながら兄弟で表彰台に昇る夢は叶いませんでしたが、初参加のオリンピックで9位と結果を残しました。

ハイエスト記録を出し、記憶にも残る大会になったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

平野海祝の高校や大学はどこ?

平野海祝の高校はどこ?

平野海祝選手は新潟県の開志国際高校のアスリート学科に進学。

・学校名:開志国際高校
・コース:アスリートコース
・偏差値:43
・所在地:新潟県胎内市長橋439-1

 

開志国際高校は2014年に開校した私立の新設校ですが、開校した当初から進学校としても有名でした。

医科学進学:偏差値63
国際:偏差値58
アスリート:偏差値43

開志国際高校は兄の平野歩夢選手も通ったスポーツ特待コースがあり、全国でも数少ない「スノーボード部」がある学校です。

開志国際高校:スノーボード部練習風景動画

世界的な選手になった兄も通った学校ですから、スケートボードやスノーボードをするには最適な環境だったんでしょう。

実はスノーボード部のヘッドコーチは平野選手の父親なんです。

高校1年のときに開催された2020年のユースオリンピックでは2位になり、全日本選手権でも4位入賞し頭角を現し始めます。

すでに国内外で活躍していた実績もあり、高校1年生のときに強化指定選手に選出。

開志国際高等学校を卒業した後、兄の歩夢選手と同じ大学に進学しました。

平野海祝の大学はどこ?

平野海祝選手は2021年の春から日本大学スポーツ科学部に入学し、北京五輪開催中も同大学の1年生として在学。

・学校名:日本大学
・学部:スポーツ科学部
・偏差値:45~47.5
・所在地:東京都千代田区九段南4丁目8-24

 

日本大学に進学後の戦績も凄まじく、全日本ジュニア選手権ハーフパイプ優勝、全日本スノーボードハーフパイプ3位という成績を残し、結果を出し続けています。

全日本では平野歩夢選手と共に出場し、優勝は戸塚優斗選手、2位は平野歩夢選手、3位は平野海祝選手ということで兄弟そろって表彰台に昇ったんです。

スーパースターの兄をもち、自分も世界のトップ選手として活躍している弟の平野海祝選手。

兄弟そろって「現在もっとも注目されている選手の一人」であることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

平野海祝の小学校や中学はどこ?

平野海祝選手の小学校はどこ?

どこの小学校に通っていたか詳しい情報はありませんが、兄の歩夢選手と同じ地元の新潟県村上市立南小学校に通っていたと思われます。

・学校名:村上市立村上南小学校
・所在地:新潟県村上市南町2丁目1-1

 

家族構成は両親と2人の兄と末っ子の海祝さんの5人家族。

長男の英樹さんはスノーボード選手です。

さらに次男の平野歩夢さんは「オリンピックで金1つ、銀2つのメダル」を獲得した世界を代表するスノーボード選手。

平野海祝選手の中学校はどこ?

中学も同様に詳しい情報は不明ですが、兄と同じ地元の公立の村上市立村上第一中学校に進学していたと思われます。

・学校名:村上市立村上第一中学校
・所在地:新潟県村上市大欠1-70

 

2017年のジュニアオリンピックの中学2年の部で優勝し、国際大会で世界タイトルを獲得!

また翌年2018年のジュニア世界選手権では3位入賞。

12歳で始めたスノーボードですが、中学生の時には頭角を現し国際大会でも結果を出し続けたんです。

スポンサーリンク

平野海祝の両親や家族構成

平野海祝の家族構成

・父:平野英功(ひでのり)
・母:平野富美子(とみこ)
・長男:平野英樹(えいじゅ)
・次男:平野歩夢(あゆむ)
・3男:平野海祝(ひらの かいしゅう)

海祝さんは三兄弟の末っ子です。

・長男:英樹
・次男:歩夢
・三男:海祝

次男の歩夢さんは、2大会連続の五輪銀メダリスト。
長男の英樹さんもプロボーダーとして活躍しています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KAZU(@kazu_mama0730)がシェアした投稿

 

そんなお兄さんの影響をうけて、海祝さんも自然と幼い頃から競技に親しんでいったそうです。

意外なんですが、海祝選手が本格的にスノーボードを始めたのは12歳。他の一流選手とくらべ圧倒的遅いんです。

スノーボードを本格的にはじめるまでは、スケートボードを週末や学校の後にやっていたそうです。

4歳年上の平野歩夢選手は既に有名人だったこともあり、

海祝選手がスノーボードを始めて頭角を表すと、あの「平野歩夢の弟」ということで知名度が徐々に上がってきました。

しかし、「平野海祝さんはそれがとても嫌った」と明かし、いつかは「平野海祝」という名前で有名になりたいと思ったそうです。

兄が有名人なので比べられても仕方がないんですが、海祝選手は自分自身を見てほしかったんでしょう。

スポンサーリンク

平野海祝の父親がすごい!

2人の五輪出場選手を育てた平野兄弟の父親はどんな方なんでしょうか?

海祝選手の父親である平野英功(ひらの ひでのり)さんは、北京五輪開催時50歳で、日本スケートボーディング連盟副理事をしています。

平野3兄弟の父親である英功さんは、もともと土地改良事業をする準公務員として働いていました。

準公務員なので仕事は安定していましたが、本人がプロサーファーになりたいという夢を持っていたんです。

その夢の実現のため周囲の反対も押し切り、安定していた仕事を辞めてしまいます。

そして県外を含めいろんなところからお金をかき集め、「サーフショップ」を開業したんです。

そんな時代に長男の英樹さんと、次男の歩夢さんが誕生します。

しかし、長男の英樹さんが海で溺れかけたことがきっかけでサーフィンから遠ざかり、スケボーやスノボーを子供たちと楽しむようになったそうです。

スケートボードパークを設立

自分の夢を叶えられなかったからか、子供たちにスケボーの環境を整えてあげたい思い、800万の借金をして使われなくなった体育館を改修。

新潟県に「本海スケートパーク」という当時屋内最大級のスケートボードパークを作ってしまうんですから、やると決めたら思いっきって行動する凄い父親です。

当時の回集前の体育館日本海スケートパーク

日本海スケートパーク:画像引用日経

 

しかし日々の生活は楽ではなく、800万円の借金を返済するため、いくつも掛け持ちして働いていたそうです。

父親の平野英功さん居酒屋「波具」

お父さんの平野英功さんは「波具」という、居酒屋も経営しています。


新鮮な海の幸やラーメンが人気の居酒屋で、お客様は平野歩夢さんや海祝さんの話をよくするそうです。

経営は父親がしていますが店長さん別の方がしているので、お店にお父さんがいつも居るわけではありません。

借金返済しつつ子供の練習や出張費用を捻出する目的もあり、昼夜と問わず働き詰めました。

昼は運転手の仕事をし、夜は居酒屋を開いていましたお金には余裕が無かったんです。

息子たちと県外へ練習に行っても、交通費と宿泊費を浮かせるため1週間は車中泊しました。

さらに息子たちの練習風景を撮影するため、雪山を登るときも節約するためにリフトは使わず歩いて登ったんだとか。

子供の夢を実現するため、お金だけでなく「生活そのもの」を変えてしまうパワフルな父親の協力抜きに、現在の平野兄弟の活躍は無かったといつても過言じゃありません。

自分の夢だけではなく、子供の夢を実現させるためにそこまで動ける方は稀でしょう。
そんな父の背中を見て2人の五輪選手が育ったと考えると、親子の絆の強さを感じちゃいますね。
スポンサーリンク

平野海祝の母


母の平野富美子(とみこ)さんは、日本海スケートパークで「夢キッズ」を担当しています。

スポンサーリンク

長男の英樹さん

長男の英樹さんもプロスケーターです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

平野英樹(@eiju.hirano)がシェアした投稿

 

英樹さんは平野歩夢さんの3歳年上で、2022年もスノーボーダーとして活躍しています。

  • 2011年:US OPENで7位入賞
  • 2015年:レボリューションツアーで優勝

 

2020年7月7日に結婚し、翌2021年4月にお子さんが生まれたそうです。

綺麗な奥様とかわいい赤ちゃんの3人家族、とっても幸せなんでしょうね!

平野海祝選手にとって、2人の兄はもっとも身近な目標であると共に、憧れでもあるんでしょう。

スポンサーリンク




まとめ

今回は平野海祝選手の経歴・学歴やプロフィールを紹介しました。

両親と兄の強力なバックアップもあり、兄弟で同時にオリンピック出場を決めた平野海祝選手。

北京五輪ではハイエスト記録を出しましたが、兄弟で表彰台に昇ることはできませんでした。

まだ二人とも若いので、次のオリンピックで兄弟でメダル獲得してくれる事を期待しています!

【北京冬季オリンピック2022】日本人美女選手&かわいいアスリートランキング一覧!
【北京冬季オリンピック2022】日本人美女選手&かわいいアスリートランキング一覧!北京冬季オリンピック2022がもうすぐ始まりますね。 今回は日本人の美女アスリート&かわいい選手に注目し、どんどん紹介していきます! ...
北京オリンピック2022記事まとめ!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ABOUT ME
tana
中間管理職のTです。会社員も終身雇用は昔の事、転職や副業が当たり前の時代です。人生をより豊かにするため、副業・兼業や資産運用で老後資金を稼ぐのに役立つ情報を紹介します。